安全性の次に重要|企業で利用するPCが壊れたら日本データテクノロジーに相談しよう

企業で利用するPCが壊れたら日本データテクノロジーに相談しよう

女性たち

安全性の次に重要

婦人

データを使い分ける

クラウドシステムは外部のデータセンターのデータベースを利用して社内外問わずどこでも利用することができるメリットがあります。このクラウドシステムは便利に利用することができるとともに、自社にサーバーを準備するよりコストを安くすることができます。また容量を自由に変更することができ、コスト管理を最適化する事にも役立っています。課題としているのがデータのバックアップです。データセンターは安全性やセキュリティを第一に作られています。しかしバックアップの保証まではつけていない事が多くなっています。データセンター側の理由でデータに破損が生じても責任を負わない契約になっていることがあります。そのため別個バックアップシステムを契約することが必要になります。

契約時に注意

自社でデータサーバーを構築する場合でも複数の端末を利用してバックアップシステムを構築します。データセンターでもバックアップシステムをデフォルトで準備している場合もありますが、数は少なくなっている事と、当然その分のコストが余分にかかります。破損すると困る大事な資料はバックアップ専用に、そしてそれ以外は通常のサーバーに保管するなど使い分けることでコストを最適にすることは可能になります。しかしクラウドシステムを利用するときにどちらのサーバーを使用するのかを事前に選択しなければならないなど使い勝手が悪くなります。全体的にクラウドをバックアップしていることが最も望ましい形になりますので、バックアップコストを見込んで契約することがおすすめです。